青色申告には65万円分の特別控除がある

白色申告には特別控除枠は設けられていません。白色申告をしても、税制上は何の得もありません。一方の青色申告は、65万円分もの特別控除枠が設けられています。ただ単純に青色申告をするだけで、65万円分の控除枠が貰えるのです。ダイレクトに課税所得を減らすことができるので、納税するべき所得税の額も押し下げられます。大きな節税効果があるので、この差が一番大きいと言われていますね。この控除枠をもらうために青色申告をする人もいます。

青色申告なら赤字を繰り越すことも可能

しかも青色申告なら、赤字を繰り越すことも可能になります。赤字を翌年に繰り越すと、次の年度の課税所得を大幅に減らすことができます。これも大きな節税効果が得られるものとなりますよね。納付すべき税金の額が数十万円低くなることもあるため、お得感は強いです。赤字は三年まで繰り越すことができるので、翌年がまた赤字でも問題はありません。またその次の年度に繰り越せばいいので、事業がうまく行かなかったときでも丸々損をすることにはなりません。

事前に申請しておかなければ青色申告は使えない

白色申告は、誰にでもすることができる確定申告の方法です。特に事前に申請が必要になるわけではありません。ですが、青色申告の場合は、事前申請が必要になります。しかも期限もあります。期限までに申請をしなかったときには、青色申告は使えなくなってしまうので要注意ですね。その年度は白色申告しか認められなくなるので、節税に励むことができなくなります。この差も案外大きなものだと言えます。

青色申告は白色申告よりも面倒なものです。しかし節税効果は高いので、昔から好きで家計簿などをつける習慣があって、それを楽しめた人に関しては、節税をモチベーションに一度チャレンジしてみるのもおすすめです。