引越が決まったらスケジュールを立てよう

引越をすることが決まった方におすすめしたいのは、綿密なスケジュールを立てる方法です。引越は荷造りの作業をしながら、さまざまな用事を済ませなければいけないからです。電気会社や水道局、役所や郵便局など、さまざまな施設に転居の届けを出さなければいけません。また、荷造りの作業をスムーズに進めたいなら、片付けをしながら行うことがポイントです。家具や家電、雑貨や書籍などの不用品が出たら、処分する方法がおすすめです。ゴミ収集日をチェックして、忘れないように出しましょう。家具や家電の処分について、便利屋に相談する方法も有効です。もしも雑貨の中にブランドのアクセサリーがある場合は、買取業者に売却しましょう。書籍は古書店が買取を受け付けています。不用品を片付けながら作業を進めれば効率的です。

運送会社のサービスを比較しよう

運送会社を決める場合には、さまざまなサービスを比較することが大事です。まずは、引越の見積もりをお願いしましょう。正確な運送料金が分かりますので、予算の範囲内で引越をすることができます。また、段ボール箱の提供を無料で行っている運送会社も見受けられますから、お得感満載です。もしも段ボール箱が不足している場合には、運送会社に問い合わせてみましょう。中には、食器などの壊れ物を包むのに最適な緩衝材を、無料で提供している運送会社もあります。さらに、作業中に出た不用品を引き受けている場合もありますので、運送会社のサービスは要チェックです。

不用品の回収を引き受けている業者は数多く存在していますので、見積もりを依頼することが決め手となります。見積もりは無料ですし、さまざまなサービスに関する説明を受けられます。