起業するためには、まず会社の種類を決めよう

現在、会社の種類としては「株式会社」「合同会社」「合資会社」「合名会社」の4種類が存在します。起業するにあたっては、まずこれらの中から自分に適した会社の種類を選定する必要があるのですが、主に選択されるのは「株式会社」か「合同会社」になりますので、その二種類を説明させて頂きます。
「株式会社」は、従来から長く存在する会社形態であり、合同会社等と比べると法的規制が多いと言えるでしょう。具体的には、役員の任期が最長で10年と定められていたり、利益や権限の配分が出資額に比例したり等、その辺りを自分達で独自に決められるというわけではありません。その代わり、株式の公開が認められているため、広く出資者を募る事も可能ですし、何よりも株式会社という名前における社会的信用とバリューは未だに無視できるものではありません。
「合同会社」は、2006年に認められた比較的新しい会社形態になります。特徴としては、株式会社と比べると比較的縛りが緩く、上述した役員の任期や利益配分等も自由に決める事ができます。

どっちを選ぶべき?株式会社と合同会社

株式会社は法的な規制が強い半面、株式公開が可能である等、事業を大きく展開させられる可能性がありますので、従業員を多数雇う必要がある等、起業段階で大きなビジネスを想定されている方に適していると言えるでしょう。
合同会社に関しては、その逆にあまり従業員を必要としないような小規模ビジネスを想定している方に適していると言えますので、起業段階からしっかりとビジョンを見据え、自分の事業に合った会社形態を選択するのが大事になります。

フランチャイズに加盟すると、本部にロイヤリティを支払うことになります。ロイヤリティには、歩合方式や定額方式などいくつかの種類があります。