ただ仕事をしているだけでは大きな成長は望めない

仕事は生活するために必要なお金を得るために取り組む行為です。しかし、ただお金のためだけと割り切って仕事を続けるよりは、成長したい気持ちを持ちながら働く方が充実した人生になりますし、やりがいを持って取り組めます。ですから、現状でただ仕事をしているだけの場合は、お金以外に自分が成長することにも意識を向けるようにしましょう。ただ、希望している業種や職種の仕事であれば、成長したいという気持ちを持つのは難しいです。また、給料や福利厚生、職場の人間関係といった部分にも不満がある場合も同様に、自分の成長にまで目を向けられない可能性はあります。このような状態にある人は、仕事を変える選択肢を検討することで成長できる時間を過ごせるようになります。

目標をじっくりと考える

自分を成長させるためには目標を持って行動することが大事です。目標が定まっていない状態では、ただ仕事をしているだけの状態になってしまうので、目標をじっくりと考えて定めたうえで働くことをおすすめします。目標の内容は自由なので昇給や昇格、転勤など好きなように設定して構いません。ただ、あまりにも実現が困難な目標を立ててしまうと、どのように達成すれば良いのか最適な方法がわからずに困ってしまいます。そのため、達成しやすい内容と難しい内容で目標を考えるようにしましょう。すると、1つの目標は達成できなかったとしても、もう1つは達成しやすいため、成長し続けるうえで必要なモチベーションを上手に維持することができます。

フローとは流れを意味し、ワークフローは業務の流れのことを意味します。図などとして可視化するのが一般的です。